CSR / 環境活動

社会性報告

人権の尊重、人材育成

人権の尊重

 当社は、従業員就業規則に均等待遇として、「従業員はその国籍、信条、性別または社会的身分の如何によって差別的取り扱いを受けることはない」と謳っています。
更に、各種法令で定められている「強制労働の禁止」、「非人道的な扱いの禁止」、「児童労働の禁止」、「危険有害業務の就労制限」、「妊産婦等に係る危険有害業務の就業制限」等を厳守しています。また、「労働時間管理」にも力を入れ、長時間労働にならないよう取り組みを進めています。
また、2011年10月には国連が提唱する「国連グローバル・コンパクト」に正式参加し、10原則を遵守すべく、海外販社及びグループ会社を含む社内各部門に自社製ポスターの掲示を励行しました。
「従業員が互いに尊重し合い、協力して作業を行う」ことの重要性は、以下に報告する各種人材育成研修の中でも指導・徹底しているところです。

人材育成

«社員教育»

  • 階層別研修
      新入社員集合研修
    • 新入社員集合研修(毎年4月)
      新入社員は入社後、10日間程度の集合研修を行い、ルビコン社員としての基礎を身に付けます。また、グループで討議する時間を長く設け、新入社員同士、活発にコミュニケーションが図れるように心掛けています。
    • 新入社員フォロー研修(毎年11月頃)
      入社から半年を経た頃に、新入社員フォロー研修を実施しています。半年間の振り返りとともに、入社時に掲げた目標がどの程度達成出来たかを確認し、2年目に向けて新たな目標設定を行います。
    • 若手社員研修(入社4年、5年)
      若手から中堅社員に成長していく過程において、自身の担当業務にとどまらず、より積極的に仕事の幅を広げてもらう動機付けとなるよう実施しています。
    • 社員1級昇格者研修(中堅社員 入社7年~10年程度)
      当社では職能資格制度を導入しており、社員1級は中堅社員の位置づけです。中堅社員としての自覚向上とより広い視点で業務を遂行してもらう目的から本研修を実施しています。
    • 初任監督者研修(初任の主任・班長、係長)
      初任の監督者には、職場のリーダーとしてメンバーを引っ張っていくために必要な知識や能力、監督者に期待される役割の理解、当社の人事制度並びに人事考課実施のポイントを教育しています。
    • 初任管理職研修(初任の課長)
      初任の管理者には、管理者の責任と役割、目標設定、部下とのコミュニケーションを中心としたカリキュラムで教育を行っています。
  • 語学研修
      英語研修
    • 英語研修
      (基礎コース、発展コース)
      グローバル人材育成のため、毎週1回、外部よりネイティブの講師をお招きし、楽しみながら英語力向上を図っています。
    • 中国語研修
      (基礎コース、応用コース)
      当社にとっても中国市場は大きく、魅力的な市場です。中国との取引も拡大しているため、毎週、中国人社員に講師を担当してもらい、中国語の勉強を実施しています。
  • 通信教育
      通信教育
    • 通信教育は自己啓発ツールとして社員に積極的に活用してもらうよう毎年パンフレットを更新しています。
      スマホ、タブレットにも対応したeラーニングコースを充実させ、いつでも気軽に学習できる環境整備を行っています。
      また、総合職社員には管理職層への昇格要件としても必修コースを設けています。
  • その他専門教育
    • メンタルヘルスケア研修
      社員が心身ともに健康であることが活力ある職場作りの第一歩であると考えています。そのため、複数年に一度、長野産業保険推進センター様より講師を派遣していただき、メンタルヘルスケアの研修会を実施しています。
    • 電話応対研修
      職場で電話を受けることが多い担当者を中心に毎年電話応対研修を行い、研修の成果を発表する場として電話応対コンクールに参加しています。
      昨年は5名が伊那・駒ヶ根地区の電話応対コンクールに参加し、2名が優良賞を受賞しました。

      電話応対コンクール
                     ▲伊那・駒ヶ根地区大会出場者

子育て・介護支援

  • 育児・介護休業規程の制定
    • 当社では育児・介護休業法に沿って「育児・介護休業規程」を制定しています。特に育児休暇は多くの社員が活用し、職場復帰してくれています。
      育児支援のため、小学校入学の始期に達するまでの子供さんを養育する社員が希望すれば、最大2時間の短時間勤務を可能としています。
  • ヘルスケア休暇の制定
    • ヘルスケア休暇は、年次有給休暇の未消化切捨分の内、年間最大10日を積み立てられる当社独自の制度で、2年間保有することが出来ます。思いがけず長期療養を要する事故・怪我・病気に遭ってしまった場合には強い味方になっています。
  • 時間単位有給休暇
    • 当社では年次有給休暇の内、最大1年間に3日分は1時間単位で取得可能な「時間単位有給休暇制度」を導入しています。自身や家族の通院をはじめ、ちょっとした用事で少し遅れて出社する、あるいは少し早く早退するといった時に便利に活用してもらっています。
  • くるみん取得
    • くるみん当社は次世代育成支援にも積極的に取り組み、2008年8月29日に、長野労働局より次世代育成支援対策推進法に基づく2008年認定事業主として、認定マーク(くるみん)を取得しました。
      更に2011年から2015年までの取り組み成果により、2015年には2回目の認定を取得しました。
  • ママミーティング開催
    • 育児休業取得中の女子社員や小さな子供を育てながら職場復帰して働いている女子社員に声を掛けて集まってもらい、子育てに係る情報交換会を行っています。
      育児の悩み等も相談できる良い機会になっています。
このページの先頭へ

快適な職場作り

安全衛生

従業員は会社の宝です。健康で安全に仕事し、幸福になってもらいたいと考えます。
その考えのもとに下記のとおり、様々な活動を行っています。

内容詳細
安全衛生パトロール
(年2回)
全国安全週間と全国労働衛生週間に、全社的に安全衛生パトロールを実施し、潜在的な問題の掘り起こしを行い、全社的に改善を進めています。
衛生管理者による巡視(週1回)
KYT(危険予知訓練)活動(年1回)
ヒヤリハット提案活動(年1回)
毎週、衛生管理者により、専門的な観点で職場の巡視を行っています。安全衛生パトロールは、安全衛生委員会メンバーによるものですが、この巡視は、専門的観点で問題点を掘り起こし、改善活動につなげています。
工場作業環境調査
(年2回)
衛生管理者と安全衛生委員により、工場の照度・騒音・粉塵等の実測調査を行って、改善につなげています。
事務所作業環境調査
(年2回)
事務所の空気環境、採光・照明の調査を行い、改善につなげています。
VDT作業状況調査
(年1回)
アンケート形式で、全従業員のVDT作業状況を調査し、作業環境の改善につなげています。
リスクアセスメント全社員により、職場・作業のリスクアセスメントを実施し、改善活動を進めています。
※写真1:リスクアセスメントの結果改善した事例
(非常時の避難のために階段に設置した蓄光テープ)
安全衛生パトロール
写真1
ヤングドライバーズ
クラブ活動
全国安全週間と全国労働衛生週間には、ヤングドライバーズクラブによるシートベルト着用チェックと、安全運転の呼びかけを行って、安全運転の啓蒙活動を行っています。
防災訓練全国労働衛生週間には、全社で防災訓練を実施しています。消防署への通報訓練、避難訓練、消火器訓練、消火栓訓練、自衛消防団によるポンプ車操法、AEDの操作説明と緊急時の対応説明等行い、緊急時に備えています。防災訓練
安全衛生教育新入社員教育の他に、安全衛生委員に対する安全衛生教育を実施し、委員から各職場に展開して安全衛生の意識向上につとめています。

メンタルヘルスケアの取り組み

  • メンタルヘルスケアの取り組み
    • 専門教育の項でも取り上げたとおり、メンタルヘルスケア研修(外部講師招聘)を実施しています。
      また、メンタル不調者に対しては、人事課、産業看護士、産業医が連携して対応し、該当者のメンタル不調の状況に応じた措置を講じています。
  • 健康相談
    • 長時間労働者や健康診断による有所見者の中から産業看護士が月に3名~4名程度をピックアップし、月1回の産業医来社時に健康相談を実施しています。

労働組合との関わり

  • 労使協議会
    • 会社と労働組合とは立場は異なるものの、「企業の発展と従業員の幸せ」という共通の目的に立ち、必要に応じて労使の協議を行っています。毎年春に行う“春季労使交渉”だけではなく、労使双方どちらからでも、その都度話し合いが必要だと思われる内容があった場合には意見交換を行い、お互いの考え方を主張し合いながらも接点を見出すべく議論しています。
  • 納涼祭
      納涼祭
    • 毎年8月に実施される伊那まつりに合わせて、組合と共催で納涼祭を実施しています。職制が屋台で焼きそばやカキ氷を作り従業員に振舞います。職場のコミュニケーションの活性化に役立っています。
  • ルビコングループ球技大会
      ルビコングループ球技大会
    • ルビコングループの親睦を目的に、組合と共催で毎年9月に球技大会(ソフトボール、マレットゴルフ)を行っています。日本中からグループ社員があつまり、一日楽しい時間を過ごします。球技大会終了後は、感謝の気持ちを込めて、周辺のゴミ拾いを行っています。
このページの先頭へ

消費者課題

製品安全性の確保

 製品の安全性を確保するため、ルビコンでは製品開発の企画段階から法規制類遵守、環境禁止物質不使用等、細かな確認を行っています。また、カタログや納入仕様書に安全にご使用頂くための注意事項を記述し、安全確保に努めております。

 ルビコンでは、ものづくりにおいて、製品の安全性を確保するため、信頼性試験を各プロセスで実施しています。
 製品開発の企画段階での信頼性試験の実施、工程設計時は材料間違いが無い事や仕様、及び、製造条件に間違いが無い事確認する信頼性試験を行い、量産工程では定期抜き取りによる全工場全シリーズの信頼性確認の為の信頼性試験を実施しております。また、各信頼性試験内容においては安全性確認項目を加えてプロセス全体での信頼性確認を行うことでルビコン製品の安全性や信頼性を維持しています。
 これからも信頼性のある製品の供給による安全確保に努めてまいります。

安全確保

製品事故・不具合発生時の対応

 お客様からの事故や不具合のクレーム、また、解析依頼は、ルビコン営業拠点を通じて品質保証センターが受け付けを行います。
 製品現品の一次解析は品質保証センターが専用機器を用いて解析を行い、該当製品製造工場へ受付情報を即日連絡し、履歴調査と原因究明を開始します。
 該当工場の品質管理部門が波及性調査と対策立案を行い、品質保証センターへ報告し、品質保証センターからお客様へ対策報告を行います。
 対策の有効性確認と水平展開を品質保証センターが内部品質監査にて実施し、対策の効果をチェックをします。
 『私が品質を保証します』をスローガンに、全員がお客様に満足頂ける製品づくりを目指し、品質改善を進めております。

流れ

お客様満足の向上

 ルビコンではお客様満足を向上する為、組織力、連携力、解析力、品質管理力、小集団活動の5つの柱を基に「お客様の満足が得られる製品づくり」を通じ、社会に奉仕し未来に貢献するという品質方針を掲げ活動しています。
 品質を第一に、コスト、納期、サービスを含め、お客様満足度調査をお客様から毎年評価を受け、満足度評価の向上に努めています。

お客様満足度

COC:Claim 0 Campaign(社外苦情ゼロキャンペーン)

 ルビコンでは、お客様の満足の向上と、製品安全に繋がる品質向上を達成する為、お客様からの苦情は全て真摯に受け止め、直接製品づくりを行う工場の責任として、苦情発生「0」件を目標に品質向上活動を開始しました。
活動名「COC」とし、Claim 0 Campaign(社外苦情ゼロキャンペーン)の活動を2012年5月から開始しました。4年目の活動成果では、苦情件数率(件数/生産数)が60%低減を維持する成果を上げました。常に、「0」にこだわりCOC活動を継続推進します。

苦情件数率推移 ※ppm(パーツ・パー・ミリオン:Parts Per Million)は苦情件数率を表します。

このページの先頭へ

コミュニティへの参画

社会貢献活動

  • 職場体験の受け入れ
    • 地域貢献や青少年育成等の見地より、中学生、高校生、大学生、社会人、障害者の職場体験の受入れ要請に対しては、出来る限り対応するよう努めています。年々職場体験の受け入れ要請が増えてきていますので、これからも可能な限り対応していく考えです。
  • 《2015年職場体験、工場見学受け入れ実績》
    年月受入人数日数
    2015年3月従業員の子供(小学校入学者)(見学)10名1日
    2015年3月南箕輪中学校(職場体験)1名1日
    2015年5月飯田OIDE長姫高校(工場見学)40名1日
    2015年5月伊那中学校(職場体験)*2年生3名3日
    2015年5月西箕輪中学校(職場体験)3名3日
    2015年5月春富中学校(職場体験)1名2日
    2015年8月駒ヶ根工業高校 / 伊那弥生ヶ丘高校(職場体験)2名2日
    2015年9月伊那東部中学校(職場体験)2名2日
    2015年11月伊那中学校(職場体験)*1年生2名2日
  • 天竜川流域のゴミ収集活動への参加
      天竜川水系環境ピクニック
    • 毎年、天竜川流域のごみ収集活動(天竜川水系環境ピクニック)に参加し、地域の美化に努めています。従業員の子供さんも参加し、親子交流の場にもなっています。
  • 本社周辺道路ゴミ収集
      本社周辺道路ゴミ収集
    • 毎月実施している構内の環境美化活動に合わせて、本社周辺道路のゴミ拾いも実施し、地域の美化に協力しています。
  • 消防団活動・赤十字奉仕団活動の奨励
    • ルビコンでは従業員の居住する地域の活動への協力・参加を奨励しています。特に消防団活動や地域赤十字奉仕団活動は、地域の自主防災、高齢者支援等の地域福祉向上に寄与する大切な活動です。そこで、これらの活動参加により従業員が仕事を休まざるを得ない場合には、これを特別有給休暇として取扱う配慮を行っています。
  • 伊那まつりへの参加
      伊那まつり
    • 年に1回、伊那市で行われる伊那まつりに参加しています。地域の一員として若手を中心にルビコン連を結成し、元気いっぱい最後まで踊り通して、まつりを盛り上げています。
  • 野球部の活動
      野球部の活動
    • 当社には軟式野球部があります。選手達は、仕事が終わってから、当社所有の野球場で練習を行い、シーズン中の土日は、いろいろな大会に出場しています。選手の努力や関係者の協力のおかげで、長野県内では有数の強豪チームに育ちました。
      昨年は、天皇賜杯、長野県軟式野球選手権大会、中部日本都市対抗軟式野球大会、東海五県軟式野球大会の長野県代表を勝ち取りました。お客様玄関に、4本の優勝旗を飾って、選手達の活躍を讃えました。
このページの先頭へ

〒399-4593 長野県伊那市西箕輪1938-1 TEL:0265-72-7111 FAX:0265-73-2914