お知らせ

「インターネプコン/第11回EV・HEV駆動システム技術展」出展のご案内

2019年12月27日
ルビコン株式会社

 ルビコン株式会社はインターネプコン/第11回EV・HEV駆動システム技術展に出展致しますので、
ご案内申し上げます。

第11回 EV・HEV駆動システム技術展

国際カーエレクトロニクス技術展会期:2020年1月15日(水)~17日(金)
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟
         (東京テレポート駅徒歩2分)
ブース:A2-48
オフィシャルサイト:https://www.automotiveworld.jp/ja-jp.html/

当社展示の見所

*導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ PZ-CAP
 PZ-CAPは非固体アルミ電解コンデンサの開発、製造ノウハウを活かしながら、独自のポリマー技術を応用する事で従来よりも高耐圧を可能とした巻回形の導電性高分子アルミ固体電解コンデンサです。新たに汎用シリーズCEV,CFVを加えてハイブリッドタイプで全8イリーズをラインナップしています。
PZ-CAP
*車載用アルミ電解コンデンサ RXGシリーズ
 RXGシリーズは面実装タイプTSVシリーズで培われた高耐熱技術を応用し、当社従来150ºC保証RX50シリーズよりも50%以上の大幅な小型化と高リプル化を実現するとともに、長寿命化を図りました。
定格電圧25Vdc~50Vd、使用温度範囲-40~150ºC、容量390~3600µをラインナップします。
RXGシリーズ
*薄膜高分子積層コンデンサ“PMLCAP” MUシリーズ
 PMLCAPは高分子を当社独自の技術で多数積層したコンデンサで極めて理想に近い電気特性を有し、その性能を見出され火星探査の地震計に採用されました。
定格電圧16Vdc~200Vd、使用温度範囲55~125ºC、サイズ1608~5750の7種類、容量0.0001~22µをラインナップし、様々な機器へご提案が可能です。
PML MUシリーズ
*パワーフィルムコンデンサ
 EV/HEVのインバータ平滑用に必要不可欠な高圧・高容量のコンデンサとして、独自の誘電体蒸着加工技術を用いる事で、従来よりも小形・高性能化を実現したフィルムコンデンサバンク:HVCシリーズの他、様々な形状、特性への対応可能なフィルムコンデンサをご提案致します。
HVCシリーズ

<お問い合せ先> ルビコン株式会社 営業管理部 担当:壬生 TEL:0265-72-7114

このページの先頭へ

〒399-4593 長野県伊那市西箕輪1938-1 TEL:0265-72-7111 FAX:0265-73-2914