製品ニュース

薄膜高分子積層コンデンサ(PMLCAP)「MRシリーズ」の紹介

1.概要

  薄膜高分子積層コンデンサ PMLCAPは、真空蒸着法で1µm以下の高分子薄膜の誘電体を形成することにより従来のフィルムコンデンサに比べ大幅な小形化、軽量化を実現し、圧電効果による特性変動が無いこと、低誘電吸収、低歪、うなり音が小さい等の特長を持つことから、ノイズ対策、オーディオ機器の音質改善、液晶パネル・LED照明等の音鳴き対策といった用途で採用されています。これらの市場では益々高機能化が求められ、特にオーディオ分野においては、各メーカーの音作りのため現在もたゆまぬ努力が継続されています。
  ルビコンでは、これら要求に応えるため、従来のPMLCAP MUシリーズのLW反転タイプとしてMRシリーズを新たに開発致しました。

2.開発品の特長

MRシリーズ   従来のPMLCAP素子サイズに対し、外部電極端子間幅(L寸法)と素子幅(W寸法)を反転構成としました。
  このような構成を採用したMRシリーズは、電極間距離即ち電流の流れる経路が短くなり、従来品(MUシリーズ)よりも低ESL化が図られています。
  MRシリーズは、低ESL化により高調波ひずみ率も低く抑えられ、あらゆる音響機器の更なる高音質化に有効な製品となっています。また、EMCノイズ対策、音鳴き対策、低誘電吸収・低ESLを必要とする情報通信機器、照明機器等にも最適です。

3.サンプル供給及び量産日程(MRシリーズ)

  サンプル供給  :供給開始しています。
  量産              :2015年10月
  *量産は長野県下伊那郡松川町のルビコン㈱PML事業部にて対応

4.主な製品仕様

シリーズ名MR
サイズ1632, 3245
温度範囲-55~+125℃
定格電圧16、25、35、50、63、100 Vdc
静電容量0.01~6.8µF

  詳細はこちら

このページの先頭へ

〒399-4593 長野県伊那市西箕輪1938-1 TEL:0265-72-7111 FAX:0265-73-2914